初心者のためのNDIR情報サイト

NDIRを使用することによって二酸化炭素濃度を計測することができますが、一酸化炭素濃度も検出することが可能です。
理由としてどちらも赤外線の吸収特性があるから計測することができます。
ただし一般的な器具であればどちらも同じように計測されるのでそれぞれの濃度を検出したい場合は赤外線の吸収特性の誤差を検出できる高性能な製品が必要になります。
もちろん埃やPM2.5などの微粒子が大量にある空気中では正確なデータが得られない点にも注意が必要です。

NDIRと一酸化炭素

NDIRと一酸化炭素 NDIRは空気中の二酸化炭素濃度と一酸化炭素濃度を検出することができるようになっています。
検出方法は簡単で、二酸化炭素と一酸化炭素の赤外線の吸収特性を応用して濃度を調べているのです。
この測定の精度は空気中の不純物の量に応じて変動することがある点に注意が必要です。
NDIRは科学研究所や自動車の製造業、炭酸飲料を生産する工場などで幅広く利用されています。
特に一酸化炭素においては自動車などの機械の製造業において非常に重要で排出されるガスの中に含まれる濃度を測定して、基準値をクリアしているかどうかを計測することが目的とされています。
NDIRは赤外線を使用している点から電力消費量も非常に少なく安定して稼働可能です。

NDIR方式によるガス分子の吸収利用法とは?

NDIR方式によるガス分子の吸収利用法とは? NDIRとは、非分散形赤外線のという意味の略語です。
非分散形赤外線吸収式は、一酸化炭素や二酸化炭素、炭化水素など多数のガスを測定する際に利用されています。
原子間の振動によって、分子エネルギーに共振が存在しますが、異なる原子により異なる分子が形成され、振動の共振周波数や波長は、それぞれの種類によって異なってくるのです。
赤外線による方式では、ガスそれぞれの固有の赤外線の波長を吸収する性質を利用しています。
試料ガスに赤外線を放射して、成分と濃度を測る方式です。
一方非分散形では、光源からの放射で全波長の赤外線をそのまま用いる方式なのです。
光の量を検出することで、他の種類による干渉を受けずに、固有の種類の分子数を測定することが可能となります。
非分散形のセンサーは、光源と検出素子、光路とチョッパーの4つの要素から成り立っています。
一般的には、チョッパーの回転機構や連続点灯の光源による熱の対策のために、金属製の大型ボディーが使用されています。
非接触方式での測定は、高精度であり寿命が長いという非常に優れた測定方式なのです。
今までNDIRの技術は、高価な計測器でしか適用されていませんでした。
しかし、近年NDIR式のセンサー開発と大量生産が実現し、ビルやマンション、産業や農業などさまざまな分野で広く利用されています。

NDIRに関する情報リンク

85年の歴史を持つNDIRの会社

新着情報

◎2019/3/22

NDIRの研究
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRの応用
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「ガス 吸収」
に関連するツイート
Twitter

輪に繋がれた小型”暴王の月”が高速で円軌道を描き 周囲のガスを猛烈な勢いで吸収している それはまるで夜科を取り巻く黒き星々が織りなす巨大な渦 ”暴王の渦”

TwitterPSYREN-サイレン-@psyren_bot

返信 リツイート 16:02

返信先:@Nikisyatyou 小腸上部で消化吸収されなかった食物の残渣が小腸の下部や大腸で腸内細菌の作用で分解される際に、腸内ガスを発生させる。このガスのほとんどは腸管から吸収されるんですけど吸収しきれない分が肛門から排出されるんですよ!つまりオナラはいいことです!

ただ、中には二酸化炭素等の温室効果ガス吸収しつつ、冷房を行うエアコンの開発もしている科学者もいるから、是非ともそんな夢のようなエアコンが出てきて欲しいです(*´ω`*) pic.twitter.com/3mB4itAn58

Twitter朝バナナ@もかちゃん可愛い過ぎてピンチ!@AliceCartelet3

返信 リツイート1 13:30

本当の催涙ガスは粘膜とかからも吸収されるから、呼吸を止めても無駄だったの思い出すなぁ

台風怪獣 バリケーン 帰ってきたウルトラマン第28話「ウルトラ特攻大作戦」に登場  各地で台風を起こしていた怪獣。頭部を回転させながら空を飛び、台風を発生させる。台風以外にも触手を相手に巻きつけての放電攻撃、口から吐くガス攻撃、更にはスペシウム光線を吸収する能力も見せる

Twitterウルトラシリーズ怪獣図鑑bot@kaijyu_zukan

返信 リツイート1 10:04

低レベル指定の放射性物質扱うにしても、付着したままにならぬように二重三重にするし、マスクはガスがなければ吸収系までつけなかったような、ガラスバッジか線量計はもちろん携帯して…… 高レベルならもっとちゃんとしてほしい(結論) どこぞでタイル切ってたころが懐かしいな。

TwitterKOYAJI@海兵隊最先任上級曹長@deadanso

返信 リツイート 8:37

[無次元数連想(2)] 流体力学、スウェーデン、コリオリの力と粘性項の比→エクマン数 地球流体力学、スウェーデン、コリオリの力と慣性力の比→ロスビー数 光学ガラスの評価→アッベ数 材料工学などで用いる→ゾンマーフェルト数 ガス吸収操作に関する→八田数 ※「流体力学」以外は2確

返信先:@gYniTN3SNRI31zd 失礼。 「排出・吸収量」の間違いでした。 環境省は、排出量=排出・吸収量等として温室効果ガス排出量を計算しているらしい事が上記リンク先から読めます。 ですが、用語をハッキリ定義したページは見当たりませんでした。

ガス「「井の中の蛙 大海を知らず」……フッ、確かに、 蛙は大海を知らなかったかもしれない。 でも、通用しなかったとはいってないぜ!」 ガング「カエルが海水に浸かると塩分で水分が吸収されてミイラ化して死ぬぞ」 ガス「ごめん」

Twitterアニカビコピペbot@anikabi_copy

返信 リツイート 4:54

ゼロ・エミッションというのは温室効果ガスの発生がゼロになるのではなく、森林吸収などで発生と吸収を合わせてゼロになることなので、人間を全部殺さなくてもいいんだが、東京の森林吸収にも限界があるからなぁ…。